育毛剤の正しい比較

育毛剤とは雨後の筍のごとく数多くの商品が販売されるのですが薄毛に悩んでる消費者としては正しい育毛剤に迷わず知りたいものですそこでどっちがいいのか比較サイトで相違を見る

スカルプインパクトジェット@口コミ、効果、副作用

スカルプインパクトジェットは薬用育毛剤です

抜け毛、薄毛から発毛へがキャッチコピーで

特徴はスプレータイプなので気になる薄毛箇所へ狙い撃ちできます

 

 

医薬部外品となっているので

副作用は少ないと考えます

 

 

スカルプインパクトジェットの成分を確認していきます

こういうのは面白くないかもしれませんが成分で効果があるかどうかは

大体わかるからです

 

 

海藻エキスにこだわってるようです

 

スカルプインパクトジェットの主成分はこちら

グリチルリチン酸ジカリウム、タマサキツヅラフジアルカロイド 

 

あまり耳にしない成分というか

よくわかりませんね

 

 

そこで公の機関の有効成分のランクを見てみましょう

 

スカルプインパクトジェットの成分を明確化

 

日本皮膚科学会という組織で明確化されました成分

男性型脱毛症の対処法をその内容を見ると

外用ならミノキシジル5% 内服ならフィナステリドやデュタステリド

 

 

この外用と内服成分は最高ランクAです

 

このミノキシジル5%がですね

hairtonic100.hatenablog.com

リグロやリアップになるわけです

 

 

ちなみに女性の脱毛症はこれがそのまま有用度とならないので要注意です

 

 

 

ミノキシジル5%の外用で

男性ホルモンの作用には個人差があるようです

なのでミノキシジルの効果にも個人差があることがわかっています

 

 

治療を継続していても加齢による毛髪の量が減少するとも

ですが根気よく続けるのもひとつです

 

 プラス

 

 

食事の充実

ストレスを減らす

抜け毛を気にせず1日1回のシャンプーによる清潔さを保つ

 

 

公が示してくれたように育毛剤ランキングに頼らなくてもいい状態です

選ぶべきものの成分は外用と内用でひとつしかないからです

内用は病院での処方になるので外用では選択肢は1,2つしかありません

 

 

 

 

先のはなしでミノキシジル5%は最高ランクAですが

 

 

ガイドラインでは

 

自毛植毛はBランク

 

人工毛植術はD

 

 

LED及び低出力レーザー照射はB

 

 

アデノシン外用はB

 

 

カルプロニウム塩化物の外用はC1

 

 

t-フラバノンはC1

 

 

サイトプリンおよびペンタでカンはC1

 

 

ケトコナゾールはC1

 

 

かつらの着用はC1

 

 

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用はC2

 

 

成長因子導入および細胞移植療法はC2

 

 

Aは最高推奨次いでB、C1は行ってよい

C2は行わない方がいい Dは行うべきではない

 

 

正直いってC以下はほとんど効果なし

そしてスカルプインパクトジェットの主成分は

グリチルリチン酸ジカリウム、タマサキツヅラフジアルカロイド はなかったです残念

 

 

 

ちなみにスカルプインパクトジェットのその他成分は

エタノール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、l-メントール、dl-カンフル、ニンジンエキス、アロエエキス(1)、カモミラエキス(1)、シーグラスエキス、フェノキシエタノール、タケノコ皮抽出液、1,3-ブチレングリコール、海藻エキス(1)、ラベンダー油、クエン酸クエン酸ナトリウム、精製水、DME、窒素

 こういう成分は他の育毛剤とよく似ているので気にはしません

 

 

 

スカルプインパクトジェットも内容量は

160g

 

新商品なので実際に使った人は少ないのですが念のため

スカルプインパクトジェットの口コミ>>