育毛剤の正しい比較

育毛剤とは雨後の筍のごとく数多くの商品が販売されるのですが薄毛に悩んでる消費者としては正しい育毛剤に迷わず知りたいものですそこでどっちがいいのか比較サイトで相違を見る

リデン@リアップの違いはどっち【2020年】

育毛剤のリデンは男性用で毛母細胞に働きかけるとのことリアップは王道でしょうか

リデンとリアップを比較してその違いを探ります

比較項目 リデン リアップ
主な成分 リデンシル3% ミノキシジル5%
添加物 グリセリン、センブリエキスなど

1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシ

トルエン、リン酸、 エタノール

メーカー 美元 大正製薬
種別 医薬部外品 第1類医薬品
CM   水谷豊
関連商品 シャンプーなど リアップに関連品
容量 90ml 60ml
副作用 低いのでは 可能性あり
価格 リデン リアップ

リデンとリアップの主成分は全く違います 

 

リデンの成分のメインはリデンシルというもの

このリデンシルは、ピロ亜硫酸Naと塩化亜鉛で構成されるスカルプケア成分のようです

リアップはミノキシジルで血圧降下剤の副産物で使われ始めたようです

 

 

リデンは医薬部外品でリアップは第一類医薬品この差も大きいのか

 

 

リデンとリアップの主成分は公のガイドラインで認められているのか検証してみたいと思います。

リデンとリアップの効果を確認

f:id:hairtonic100:20200424210507j:plain

日本皮膚科学会という組織で育毛や発毛の効果の成分が明確化されました

男性型脱毛症の対処法をその内容を見ると

外用ならミノキシジル5% 内服ならフィナステリドやデュタステリド

 

 

この外用と内服成分は最高ランクAです

 

このミノキシジル5%で有名なのがリアップです

 

 

ちなみに女性の脱毛症はこれがそのまま有効とならないので要注意です

女性には5%は強すぎるのです

女性の推奨はミノキシジル1%です

 

 

 

ミノキシジル5%の外用で

男性ホルモンの作用には個人差があるようです

なのでミノキシジルの効果にも個人差があることがわかっています

 

 

治療を継続していても加齢による毛髪の量が減少するとも

ですが根気よく続けるのもひとつです

 

 プラス

 

 

食事の充実

ストレスを減らす

抜け毛を気にせず1日1回のシャンプーによる清潔さを保つ

 

 

公が示してくれたように育毛剤ランキングに頼らなくてもいい状態です

選ぶべきものの成分は外用と内用でひとつしかないからです

内用は病院での処方になるので外用では選択肢は1,2つしかありません

 

リアップやリグロなど

 

 

先のはなしでミノキシジル5%は最高ランクAですが

 

 

ガイドラインでは

自毛植毛はBランク

人工毛植術はD

 

 

LED及び低出力レーザー照射はB

 

 

アデノシン外用はB

 

 

カルプロニウム塩化物の外用はC1

 

 

t-フラバノンはC1

 

 

サイトプリンおよびペンタでカンはC1

 

 

ケトコナゾールはC1

 

 

かつらの着用はC1

 

 

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用はC2

 

 

成長因子導入および細胞移植療法はC2

 

 

Aは最高推奨次いでB、C1は行ってよい

C2は行わない方がいい Dは行うべきではない

 

AGAの公のガイドライン>>

 

リデンとリアップの違いまとめ

f:id:hairtonic100:20200518154303p:plain

リデンのリデンシルの成分が公で認められていませんでしたこれは残念です。

対してリアップは最高ランクの評価でした

 

真逆の結果ともいえそうですが・・・

 

ただ育毛剤は副作用で悩まされることも多いのでリデンは医薬部外品なので比較的弱いのは気休めで育毛剤を選んでる方には味方してくれそうです

 

最高ランクのリアップのミノキシジルは第一類医薬品ということもあって効果は期待できますが副作用は確率が高いはずなのです

 

 

 

薄毛や発毛を真剣に考えてる人の対策なら

リアップを使ってみて

 

リアップの副作用や生え方に不満だったら

自毛植毛

hairtonic100.hatenablog.com

 

個人的にがこれが王道かなって思っています

 

 

公のガイドラインになぞると

 

リアップは最高のAランク

自毛植毛は次点のBランク

 

※自毛植毛はかつらや人工の毛は含みません

 

自毛はBランクで最高じゃないけどうまくいくと

髪の毛を生やすのではなく植えるから薄毛解消の確率が高くなるからです