育毛剤の正しい比較

育毛剤とは雨後の筍のごとく数多くの商品が販売されるのですが薄毛に悩んでる消費者としては正しい育毛剤に迷わず知りたいものですそこでどっちがいいのか比較サイトで相違を見る

カロヤンアポジカ@リアップX5の違いは比較でどっち

カロヤンアポジカとリアップX5どっち

カロヤンは老舗の育毛剤昔からお世話になってる方多いのでは、今回はカロヤンアポジカとリアップX5のどっちがオススメか検証

比較項目 カロヤンアポジカ リアップX5
主な成分 カルプロニウム塩化物、他あり ミノキシジル5%
添加物 dl-ピロリドンカルボン酸Na、グリセリン
ヒドロキシプロピルキトサン液、エデト酸Na、エタノール、pH調節剤、黄色5
1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、 エタノール
メーカー  第一三共ヘルスケア 大正製薬
種別  第3類医薬品 第1類医薬品
CM   水谷豊
関連商品  シャンプ―他多数 リアップに関連品
容量  200ml 60ml
副作用 可能性あり 可能性あり
価格

 

カロヤンアポジカはメーカーいわく発毛促進、フケ、かゆみに効果、べとつかない

ただ、ポイントはカルプロニウムとミノキシジル

それと第一類医薬品と第三類医薬品の違い

 

 

第一類医薬品は安全性上注意が必要な成分を含むので薬剤師の情報提供義務

第三類医薬品は服用に影響があっても日常生活に支障をきたすことはない

 

これってある意味大きなポイントのひとつかもしれません

 

ここから想像できるのはリアップX5第一類医薬品の方は男性型脱毛症の改善の可能性は高いけど副作用も人によっては不満に至るかもしれないこと

 

カロヤンアポジカは第三類医薬品ということで男性型脱毛症の改善は緩いかもしれないけど副作用に苦しむことは少ないであろうってところ

 

これはその人の考え方や薄毛の深刻度によりますし

副作用は誰だって基本嫌なのでそこをどう捉えるかですね

 

そこで公の機関の成分の期待値を次は見てもらいましょう

 

カルプロニウム塩化物とミノキシジルをランク付け

日本皮膚科学会という組織で明確化されました

男性型脱毛症の対処法をその内容を見ると

外用ならミノキシジル5% 内服ならフィナステリドやデュタステリド

 

この外用と内服成分は最高ランクAです

 

このミノキシジル5%がですねリアップになるわけです

 

 

ちなみに女性の脱毛症はこれがそのまま有用度とならないので要注意です

 

 

 

ミノキシジル5%の外用で

男性ホルモンの作用には個人差があるようです

なのでミノキシジルの効果にも個人差があることがわかっています

 

 

治療を継続していても加齢による毛髪の量が減少するとも

ですが根気よく続けるのもひとつです

 

 +

 

 

食事の充実

ストレスを減らす

抜け毛を気にせず1日1回のシャンプーによる清潔さを保つ

 

 

公が示してくれたように育毛剤ランキングに頼らなくてもいい状態です

選ぶべきものの成分は外用と内用でひとつしかないからです

内用は病院での処方になるので外用では選択肢は1,2つしかありません

 

リアップとミノキ5

 

 

先のはなしでミノキシジル5%は最高ランクAですが

 

 

ガイドラインでは

自毛植毛はBランクで

人工毛植術はD

 

 

LED及び低出力レーザー照射はB

 

アデノシン外用はB

 

カルプロニウム塩化物の外用はC1

 

t-フラバノンはC1

 

サイトプリンおよびペンタでカンはC1

 

ケトコナゾールはC1

 

かつらの着用はC1

 

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用はC2

 

成長因子導入および細胞移植療法はC2

 

 

Aは最高推奨次いでB、C1は行ってよい

C2は行わない方がいい Dは行うべきではない

 

カロヤンアポジカを選ぶ理由

 

カロヤンアポジカの カルプロニウム塩化物のランクはC1

使うことに問題はないがミノキシジル5%のAランクに比べると

かなり見劣りします

 

 このことから

 

やはりリアップX5がオススメです

 

リアップX5に使用でいい結果がでていないとしてもカロヤンアポジカに代えても改善しないと思われますむしろフィナステリドを医療機関で相談してミノキシジルと併用の方が未来的です

 

 

 

カロヤンアポジカのオススメの方は薄毛がまだ重症化していなくて

それでも気休めはしたくて副作用を抑えたい方じゃないでしょか

カロヤンアポジカ>> 

 

 

 

 

カロヤンアポジカ仕組み

メーカーからの引用

 

主成分のカルプロニウム塩化物と育毛生薬2成分(カシュウ及びチクセツニンジン)
が頭皮・毛根の血行を促進し、余分な脂を取り除き、毛根の細胞を活性化します。
また、ヒノキチオールは、毛根賦活作用のほかに殺菌作用があり、菌の増殖が原因で
起こるふけ、かゆみに効果があります。
さらに、潤滑剤キトフィルマー 注)のはたらきが薬剤の効果を高め毛髪に潤いを与
え、同時にその皮膜形成能が毛髪を保護し、さらっとした使用感を与えます。
注)キトフィルマー(ヒドロキシプロピルキトサン液):カニ甲殻を構成するキチン
より誘導された皮膜形成能、溶解性にすぐれた天然由来の湿潤剤です