育毛剤の正しい比較

育毛剤とは雨後の筍のごとく数多くの商品が販売されるのですが薄毛に悩んでる消費者としては正しい育毛剤に迷わず知りたいものですそこでどっちがいいのか比較サイトで相違を見る

育毛剤ルプルプ@リアップリジェンヌの違いどっち【2020年】

ルプルプは女性用の育毛剤ですがバイトと海の恵みの育毛エッセンスですが

リアップリジェンヌよりルプルプは優秀なのか比較してみました

比較項目

   ルプルプ     

リアップリジェンヌ
主な成分

 

グリチルリチン酸2K、パントテニルエチルエーテル、タマサキツヅラフジアルカロイド、センブリエキス

                   

ミノキシジル1%
添加物

 

ビワ葉エキス、エタノール

 

1,3-ブチレングリコール、エタノールクエン酸ヒアルロン酸Na

メーカー Jコンテンツ 大正製薬
種別 医薬部外品 第1類医薬品
CM    
関連商品 ヘアケア商品 リアップに関連品
容量 150ml 60ml
副作用 低いのでは 可能性あり
価格 リアップリジェンヌ

 

ルプルプの成分がリアップリジェンヌと全く違います

 

 

リアップはあのミノキシジルが主成分ですが

 

 

ルプルプの成分はセンブリエキスやWフコイダンですが

 

 

育毛や発毛が目的ならそれを促す成分が必要です

ミノキシジルとか 

なのでリアップとは全く別物の育毛剤といえます

 

そこでルプルプの有効成分が本当に

有効なのかガイドラインに照らし合わします

ルプルプの成分は有効なのか

f:id:hairtonic100:20200424210507j:plain

日本皮膚科学会という組織で女性用の脱毛症の発毛や育毛が明確化されました

男性型脱毛症の対処法をその内容を見ると

外用ならミノキシジル5% 内服ならフィナステリドやデュタステリド

 

 

この外用と内服成分は最高ランクAです

 

このミノキシジル5%がですねリアップになるわけです

 

 

ちなみに女性の脱毛症はこれがそのまま有用度とならないので要注意です

 

ミノキシジル5%の外用で

男性ホルモンの作用には個人差があるようです

なのでミノキシジルの効果にも個人差があることがわかっています

 

 

ミノキシジル5%は男性で

女性はミノキシジル1%が推奨となっています

 

 

 

治療を継続していても加齢による毛髪の量が減少するとも

ですが根気よく続けるのもひとつです

 

 プラス

 

 

食事の充実

ストレスを減らす

抜け毛を気にせず1日1回のシャンプーによる清潔さを保つ

 

 

公が示してくれたように育毛剤ランキングに頼らなくてもいい状態です

選ぶべきものの成分は外用と内用でひとつしかないからです

内用は病院での処方になるので外用では選択肢は1,2つしかありません

 

リアップとミノキ5とリグロ・・・

 

 

先のはなしでミノキシジル5%は最高ランクAですが

 

 

ガイドラインでは

 

自毛植毛はBランクで

人工毛植術はD

 

 

LED及び低出力レーザー照射はB

 

 

アデノシン外用はB

 

 

カルプロニウム塩化物の外用はC1

 

 

t-フラバノンはC1

 

 

サイトプリンおよびペンタでカンはC1

 

 

ケトコナゾールはC1

 

 

かつらの着用はC1

 

 

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用はC2

 

 

成長因子導入および細胞移植療法はC2

 

 

Aは最高推奨次いでB、C1は行ってよい

C2は行わない方がいい Dは行うべきではない

 

ルプルプを選ぶ理由

ルプルプの有効成分つまり育毛とは発毛を促す根本のもの

公のガイドラインには全く関連していません

 

 

 女性型脱毛症ガイドラインこちら

 

 

このことから本気で発毛や育毛を考えるならリアップリジェンヌになります

ただしミノキシジルは効果的ですが副作用はついて回るので気になる方は多いハズです

 

その点ルプルプは医薬部外品です

リジェンヌの第一類医薬品とは大きな差があります

 

第一類医薬品は薬剤師が常勤の店というような厳しさがありますが

医薬部外品は副作用がほとんどないというような枠組みなので

副作用が怖くて気休めを求める方にはルプルプは優位ではないかと思います

 

➡ ルプルプ激安ならこちら

 

【関連】