育毛剤の正しい比較

育毛剤とは雨後の筍のごとく数多くの商品が販売されるのですが薄毛に悩んでる消費者としては正しい育毛剤に迷わず知りたいものですそこでどっちがいいのか比較サイトで相違を見る

育毛剤でアデノシン@ミノキシジルの違いどっちがいい

アデノシンとミノキシジル

 アデノシンもミノキシジル育毛剤の成分でよく耳にする

だけど当然違うものだけど結局どっちがいいのか紹介します

お断わりですが今からの結果は私が気分や個人的見解ではありません

 

 

実はアデノシンもミノキシジルも公の機関でランク付けしています

最上はAランク、最低はDランクです

 

 

アデノシンを成分にして有名なのが資生堂アデノゲン

ミノキシジルではリアップあたりが有名な育毛剤です

 

日本皮膚科学会がランク付けで明確化した

これで悩まなくて済みそうです

男性型脱毛症の対処法をその内容を見ると

外用ならミノキシジル5% 内服ならフィナステリドやデュタステリド

 

この外用と内服成分は最高ランクAです

 

 

ちなみに女性の脱毛症はこれがそのまま有用度とならないので要注意です

 

 

 

ミノキシジル5%の外用がとってもオススメになるのですが

男性ホルモンの作用には個人差があるようです

なのでミノキシジルの効果にも個人差があることがわかっています

 

 

治療を継続していても加齢による毛髪の量が減少するとも

ですが根気よく続けるのもひとつです

 

プラス

 

 

食事の充実

ストレスを減らす

抜け毛を気にせず1日1回のシャンプーによる清潔さを保つ

 

 

公が示してくれたように育毛剤ランキングに頼らなくてもいい状態です

選ぶべきものの成分は外用と内用でひとつしかないからです

内用は病院での処方になるので外用では選択肢は1,2つしかありません

 

 

先のはなしでミノキシジル5%は最高ランクAですが

 

 

ガイドラインでは

自毛植毛はBランクで

人工毛植術はD

 

 

LED及び低出力レーザー照射はB

 

アデノシン外用はB

 

カルプロニウム塩化物の外用はC1

 

t-フラバノンはC1

 

サイトプリンおよびペンタでカンはC1

 

ケトコナゾールはC1

 

かつらの着用はC1

 

ビマトプロストおよびラタノプロストの外用はC2

 

成長因子導入および細胞移植療法はC2

 

 

Aは最高推奨次いでB、C1は行ってよい

C2は行わない方がいい Dは行うべきではない

 

アデノシンを選ぶ理由

 いかがでしょうかアデノシンはBランクということで その育毛行為を行っていいい

となりました。ただしランクでいけばミノキシジルが最高ランクなので

 

どっちがいいといわれれば

ミノキシジルとなります

 

 

そのミノキシジルで有名なのはリアップの口コミ>>

最近はミノキ5>>でも問題ないでしょう

 

 

Bランクのアデノシンで有名なアデノゲンの口コミ>>

 

アデノゲンガイドライン

日本皮膚科学会ガイドラインアデノゲンのランク根拠を

引用で表示しておきます

 

CQ6:アデノシンの外用は有用か?
推奨度:B(男性型脱毛症),C1(女性型脱毛症)
推奨文:男性型脱毛症にはアデノシンの外用を行う
よう勧める.女性型脱毛症には行ってもよい.
解説:アデノシンの有用性に関して,男性型脱毛症
に対する 3 件のランダム化比較試験と女性型脱毛症に
対する 1 件のランダム化比較試験が実施されている.
 先ず男性型脱毛症に関して,0.75%アデノシン配合
ローションを用いた,101 名の男性被験者を対象とし
た観察期間 6 カ月間のランダム化比較試験において,
毛髪径・軟毛率・太毛率の中等度改善以上の改善率は,
アデノシン配合ローション群は51名中41名(80.4%),
対照群は 50 名中 16 名(32.0%)であった79).
また,0.75%アデノシン配合ローションを用いた,
38 名の男性被験者を対象とした観察期間 6 カ月間のラ
ンダム化比較試験において,アデノシン配合ローション群では

対照群と比較して,毛髪径 40 μm 未満の軟毛
率が有意に減少(P=0.0154),毛髪径 60 μm 以上の太
毛率が有意に増加(P<0.0001),さらには頭髪の密度
も有意に増加していた(P=0.0470)80).
 さらに,0.75%アデノシン配合ローションと5%ミノ
キシジルローションを用いた,94 名の男性被験者を対
象とした観察期間 6 カ月間のランダム化比較試験にお
いて,病変部の太毛率は両剤群で有意差なく,0.75%
アデノシン配合ローションは男性型脱毛症の治療薬と
して市販されている 5%ミノキシジルローションと同
等の有用性があることが示唆された81).
 次いで女性型脱毛症に関して,0.75%アデノシン配
合ローションを用いた,30 名の女性被験者を対象とし
た観察期間 12 カ月間のランダム化比較試験において,
成長期毛伸長率と太毛率は,アデノシン含有ローショ
ン群で軽度改善以上が 13 名中 11 名(85%)であり,
プラセボ群の 14 名中 5 名(36%)に比較して有意に改
善度が増加していた.成長期毛伸長率と毛髪径 80 μm
以上の太毛率は,使用 6 カ月後,12 カ月後の時点で,
アデノシン含有ローション群で有意に増加していた82) 

以上のように,アデノシンの発毛効果に関しては,
男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため,外
用療法を行うよう勧める.一方,女性に対する有効性
を示す根拠はまだ不足しているが,副作用が軽微な点
や女性用の製品が販売されている点も考慮し,外用療
法を行ってもよいことにする.